阿波和三盆糖 春秋襲

あわわさんぼんとう しゅんじゅうがさね

蔵出し木型 阿波和三盆糖(最高級天然砂糖)使用

 

日本古来の高貴な装束では、衣服の表裏地の色の組み合わせ等を「襲(かさね)」と呼び、その代表的な十二単(唐衣裳)も、袖口や襟から覗く色目を決まり事に従い、四季に応じて配されていました。

俳句の季語に春山を指して「山笑う」がありますが、その情景に思いを馳せ上段を《桜咲み》。菊花を用いて歌を詠み競う風流な遊び心を誘うような下段の《菊合わせ》。その繊細可憐な弊店自慢の春・秋のお干菓子を、時間・空間と共に桐箱に襲ねてみました。

桐木には、寿鳥とされる鳳凰が棲むという伝説があります。大切なお方への贈り物としてもお使い頂けますよう、虎屋吉末一同より真心を込めて。

 

 

shunju-gasane

 

In terms of the Japanese noble attire in the ancient times, the color scheme of sleeves or collar hems was called “Kasane”.  One of the most representative attires, “12Hitoe”, not excepted, had followed the strict convention depending on the seasons.

 

In Haiku, there is a humanizing expression, “mountains laugh” indicating flourishing scenery of spring mountains as well as  “cherry trees smile”(sakura fully bloomed).  Here we have quoted the latter for the upper layer of the scatoles;  “Sakura-emi”.  “Kiku-awase”, borrowed name; a play of composing poems on autumn chrysanthemum,ensues in the bottom. The scatoles of paulownia were put in layers with the legacy of Toraya.

paulownia, deified as a tree which a hoo,a mythological sacred bird signifying longevity, perched on.

“Shunju-gasane” , in layer of spring and autumn, is naw ready for special people and occasions.

保存方法常温
保存上の注意直射日光、高温多湿をさけて保存して下さい。
賞味期限6ヶ月

ご購入はこちらOnline Shop

お問い合わせContact

商品や営業日に関するお問い合わせ等、
お気軽にお電話ください。

078-851-2444月〜土 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

ご注文Order

オンラインショップのほか、 お電話・FAXでもご注文いただけます。
ご購入方法について詳しくはこちら  

078-851-2444月〜土 9:00-18:00

078-851-2454

FAX注文用紙

メールでのご注文

オンラインショップ

TOP

御菓子司 虎屋吉末